ノンエーと他社商品を比較して良し悪しを考えるページ

ノンエーとVCOマイルドソープは使用目的を規準に選ぼう

2018年02月11日 16時23分

ノンエーと同じくらい質が良い石鹸が
VCOマイルドソープです。

成分数が少なく非常にシンプルで
ココナッツオイルを使っているなどの
特徴があります。

どちらがいいかと言われると
ちょっと迷ってしまうほどですが
用途によって使い分けてください。

ニキビならノンエーのほうがよく
限定してなければどちらでもよい、
という感じですね。



・VCOマイルドソープは質がかなりいい



VCOマイルドソープは美容目的の
固形石鹸の一種です。

VCOとはヴァージンココナッツオイルのことで
近年健康目的でも注目されている油です。

主な成分であるラウリン酸は
人間の皮脂と近い構造をしており、
分子も小さいためきめ細かい泡を
作ることができるので
定番成分のひとつとなっています。

ノンエーよりも濃密泡がすごそうな
イメージを醸し出しています。

ツボを掴んでるような
大きな泡でも落ちないことや、
3時間たっても泡が崩れないなど
かなり強調しています。

ラウリン酸は母乳に含まれる
成分でもあることから
赤ちゃんの素肌を目指すというのも
コンセプトになっているようです。

本当に注目なのは安全性の高さです。

石油系界面活性剤はもちろん
防腐剤や香料、着色料も使っておらず
水も含めて6種類しかはいという
極めてシンプルな作りになっています。

おそらくココナッツオイルの保存性の良さが
それを実現してるのだと思います。

特殊な練り製法によって
通常なら美容成分が1%しか
配合できないところ、

VCOマイルドソープは
40%も配合できてるとのこと。



・ニキビ対策ならノンエーを選ぶ



大抵の美容目的石鹸は
余計な添加物が多く入っているので
ノンエーと比較にもならないことが多いです。

でもVCOマイルドソープは珍しく例外です。

BGすら使っていない点は
ノンエーを上回る安全性の高さです。

ただ、目的によって
どちらが良いのかが変わってきます。

VCOマイルドソープはどちらかというと
美肌目的の石鹸になります。

赤ちゃんの写真が使われてますし。

ノンエーも結果的には美肌を目指すものですが
アプローチが違うのであくまでニキビ向けです。

そのため定番の消炎成分など
いま出来ているニキビに働きかけるような
成分構成になっています。

ちなみにノンエーにもラウリン酸が入ってます。

ということでニキビに悩んでいるのなら
ノンエーにしたほうが無難だと思います。

値段はどちらも同じくらいで
定期にすると安くなる点も共通ですので
コスパはどっちもどっちって感じでしょうか。

どちらも質が良いので興味があるなら
両方試してみるといいと思います。