ノンエーと他社商品を比較して良し悪しを考えるページ

ノンエーと牛乳石鹸はどちらもニキビにいい?

2018年02月16日 18時26分

ノンエー以上にロングセラーとなっている
牛乳石鹸はとても有名で知ってる人は多いです。

値段もリーズナブルなので
かなり良心的でニキビ対策として
使ってる人も多そうです。

ただ品質はちょっと微妙ですので
あまり期待しないほうがいいでしょう。



・牛乳石鹸は歴史ある人気商品



ニキビケア用品はいろいろありすぎて
影が薄い印象がありますが
長らく国産ブランドとして売り出し
広く認知されてるのが牛乳石鹸です。

牛のパッケージが印象的で
デザイン的にも評価されてるそうです。

成分的にもかなりシンプルで
余計な界面活性剤が含まれていないので
なかなか良質だと思います。

国産や練り製法などにもこだわりがあり、
何よりコスパが良いことが
人気の秘密になってると思います。

1個あたり100円くらいしかせず、
セットで買うと数十円レベルになるので
無添加系の石鹸ではおそらく
もっともお得かと思われます。

何が無添加かはメーカーによって違うので
なんともいえないですが
一応最低限な保存料くらいで抑えてるので
ノンエーと近い部分ではあります。

ちなみに青箱と赤箱の2種類がありますが
違いはさっぱりかしっとりかです。

赤の方が若干保湿成分が多く、
ローズの香りが加わっています。

よりシンプルさを追求したいなら
青箱を選べばいいと思います。



・ニキビ対策としてはノンエーの方が適している



では牛乳石鹸はニキビ対策になるのかというと
微妙なラインですね。

というのも、牛乳石鹸は万能型の石鹸なので
ニキビ向けに作られてるわけではありません。

肌への負担は少ないので新たなニキビを
作り出す原因にはなりにくいので
普段使いには適してると思います。

ただ、ニキビがたくさんあって
しっかりケアしたいとなると力不足な感じです。

消炎成分などが配合されていないからですね。

あともう少し細かくいうと、
保存料の質にちょっと問題があります。

酸化チタンもエデト酸塩も
発がん性が指摘されてる物質なので、
なるべく肌につけないほうが
精神的にもよいことです。

ノンエーはBGしか使っていないので
成分のチョイスも気になるところです。

おそらくコストが安くつくから
そのような成分を使ってると思われます。

値段はかなり大きな差がありますが
本格的にケアしたいのであれば
ノンエーのほうが優れています。

健康はお金では買えないですが
ある程度はコントロールすることもできます。

コスパだけで考えないようにしましょう。

重要視するべきは成分の質になります。